病院概要

看護部

看護部の内観写真
看護部の理念(精神)

迫田病院は地域に信頼される病院を目指し、開院当初から継続看護の必要性から訪問看護をはじめとして訪問診察、訪問リハビリテーションなど在宅支援システムを確立し、これまでの27年間急性期医療から在宅医療へと「治し支える医療と活動」を展開、近年は、専門領域を特化した学習と看護実践を通し、また多職種と協働のチーム医療活動の中で、専門性を発揮することで地域の人々の健康を支え守って実践活動を行なっています。

また、最善の看護を地域の人々に提供するためには、誰もが求める看護師像があり、患者さんや、家族、職員が満足できる魅力ある病院、看護職が看護の魅力を実感できる職場でありたいと考え、そのためにいきいきと長く働き続けてもらうための職場環境の整備や教育システムの充実は不可欠となります。

医療看護の質向上のために、当院で取り組んでいることは

・人材育成にあった教育システムを明確にし、学び続けられる環境

・専門職として働きがいのある環境

・当院独自の子育て支援をはじめとするワーク・ライフ・バランス(WLB)
推進事業の働き続けられる環境づくりなど

看護部だけでなく病院組織全体で取り組みを支援し、人材の育成・人材の活用・人材の定着により、安全で安心な質の高い医療・看護サービスが地域の人々の満足や職員の社会貢献につながり、選ばれる病院の原動力になれる看護部に違いありません。

看護実践の特徴と強み

・継続看護の実践 : 在宅ケア支援システムの確率

・老年期看護の実践

・多職種と協働のチーム医療の中での専門的実践活動