健康診断

医師

医師を募集しております

医師の写真

当院の取り組み

当院は開業30周年を迎える104床の一般病院です。色々な意味で日本一の病院を目指し様々な取り組みをしております。地方発信による医療の更なる充実を図りたいと考えています。地域の社会的な諸問題等を共に学び、共に悩み、我々のできる医療的なアプローチにより共に解決していきたいと思っております。

当院の施設環境

当院は市の中央を流れる大淀川河口近くの南側に位置します。心癒される景観を楽しむことができます。静かな環境の中にありますが中心街には徒歩20分ほどの便利な場所に位置しております。また、夏には花火大会の賑わいを病棟から楽しむこともできます。
働く女性のために県内で最初に設置した、365日24時間保育の託児所は、平成20年より学童保育も始めるなど、職員の働きやすい環境作りのために現在も運営しております。理事長の強い思いで託児所を開業以来継続しております。院内託児所は宮崎においても数少ない貴重な取り組みです。第一回「男女共同参画厚労省」事業所の部で受賞するなど行政からも評価されております。今後も託児内容や職員のワーク・ライフ・ハピネスを念頭に置いた取り組みを展開して参る予定です。

求める人材は

当院としては「地方医療のあるべき姿を探求し実践する」という目標を掲げておりますので、前向きで建設的な方を歓迎致します。

  • ■地方において新たな医療の形をご一緒に手がけていただける方
  • ■将来は地元宮崎で働きたいと思っていらっしゃる方
  • ■自分の力を十分に発揮できる環境を求めておられる方
  • ■将来開業を目指しているがその前に地元のつながり・連携を深めたい方

を募集しております。

いずれにしても地域の医療を活性化することにつながるのであれば大歓迎です。 地方の医師のマンパワー不足、医療崩壊が叫ばれて久しい昨今、組織は迅速に、改善を図り、形骸化させないことが重要です。
当院には、現場の声が迅速に反映される風土と仕組みがありますのでこれを生かして、職員が心の余裕と前向きな姿勢をもって取り組める楽しい職場を形成し続けたいと思っています。

外科医

当院外科は2011年4月に大腸肛門センターを設立し、専門特化病院として新たな一歩を歩み始めました。外科は大腸肛門に専門特化し集中することでマンパワーや設備などの充実をはかり、利用者の皆様のために質の高い医療を提供する努力をしております。
具体的には大腸肛門領域の予防から始まり薬物療法、外科治療、化学療法、緩和ケアといったトータルライフをサポートする姿勢で患者さんとおつきあいしていく医師を求めています。また、外来処置、虫垂炎、ヘルニア、胆石症など、比較的多い疾患に関しても対応できることが必要になります。特にこのような疾患に対しては可能な限り患者のニーズに応える形の一つとして日帰り手術に積極的に取り組んでいます。当院は外科専門医制度修練施設(関連施設)です。

  • ■一般外科を一通り経験(外科専門医以上)され今後、大腸肛門疾患に対し専門的に経験していきたいとお考えの方
  • ■大腸疾患、肛門疾患に対しある程度の手術経験を積まれた方(大腸肛門専門医以上)
  • ■腹部外科全般の腹腔鏡手術に取り組んでいきたい方 (ヘルニア・胃・大腸・胆のう)

外科医に関しては当院では上記のような方を募集しております。


内科医

<総合診療>

当院内科は、開院当初から当該医療圏において重要な役割を担ってきました。地域在宅医療の砦の役割を担っております。その中でも今後は益々増加する高齢者の呼吸器疾患、心疾患、代謝疾患などの重要な領域の受け入れと介護、福祉と連動した窓口としての役割が大きくなります。
またcommon diseaseにも対応するため、総合診療的な幅広い能力を必要とされます。さらに高齢者の方への対応を含め広範で深い診療能力も必要とされますので、専門以外の領域に関しても興味を持って自己研鑽し、様々な領域でリードしていく地域での中心的な役割も期待しております。その背景を根底に持ちつつ以下の専門特化領域へ真摯に取り組んでいただきます。地域完結型の医療を実践するために必要なのは

■総合診療内科の経験をされ、宮崎でその経験を生かした環境で働きたい方(専門は問わず)

です。専門医においてもこの能力が必要ですが、その役割を専門に担っていただける方を必要とします。これを実践するためには宮崎の医療環境を把握することも必要ですが既にそのような連携会議を重ねており入りやすい環境づくりに取りかかっております。

<消化器内科>

大腸肛門センターにおいては全国トップクラスの内視鏡の環境を整備しております。主に消化器内科の入院患者さんを中心に担当しつつほぼ毎日内視鏡検査に従事していただきます。検診、NBI拡大診断、EMR/ESDといった最先端治療を手がけるとともに、指導医の元でその診断能力、治療技術、そして研究に取り組む姿勢を間近で学ぶことができます。

  • ■宮崎に真の内視鏡指導施設をともに作りたいという志をお持ちの方
  • ■一般内科を一通り経験された方
  • ■日本内視鏡学会専門医以上の方

内科医に関しては当院では上記のような方を募集しております。


その他

<僻地医療>

当院は地域医療の一環である僻地医療に貢献することで僻地の問題に接しその地の住民の健康を守る砦となるための医師を派遣致します。以下の用件を満たす方を募集いたします。

  • ■10年以上の臨床経験をお持ちの方で僻地医療に積極的に携わりたい方
  • ■要請・状況に応じて災害医療へ対応できる方
  • ■全身疾患を広く診療できる方、または今後学び向上していく意欲のある方
  • ■地域医療について取り組むための組織的足場を築きたい方
  • ■内科、外科、整形外科など専門分野は問わず医療を行いたい方

<外来担当>

上記以外を中心とした補完的な領域の外来医を募集いたします。原則週0.5~1日を担当して頂きます。具体的には,呼吸器内科、循環器内科、皮膚科、泌尿器科、一般外科、一般内科の医師を募集しております。

以上簡単ですがホームページだけでは伝わらないことも多いかと思います。上記以外の具体的な規定などについては電話でのお問い合わせには応じておりません。実際の面談で法人の人事規定内容を前提にご相談させて頂きます。

まずは当院の人事担当の鈴木または假屋まで直接ご連絡ください。

TEL.0985-51-3555

ご連絡お待ちしております。