迫田病院ブログ 第26回 高崎泥んこバレーボール祭りに今年も参加してきました!!

【2018年06月21日】

さぁ!今年もこの時期がやってきました!

そう…みんなで田んぼに入り、泥まみれになりながらバレーボールなどを楽しむイベントが!!

平成30年6月17日(日)小雨が降る中、小戸の家の駐車場に集合し、

「泥まみれになっても、雨で少しはキレイになるかな…」と考えながら、高崎町へ出発!

会場の都城市高崎町までは車で1時間20分程度。

開会式にギリギリ間にあう時間に現地に到着し、バタバタと開会式に参加しました。

田んぼに一歩踏み入れた時に感じた、想像以上に「冷たい水」、
久しく感じたことの無い「ヌルッとした泥の感触」

その瞬間に「田んぼに来ちゃったし、楽しく泥まみれになろう!」決心しました。

職員も職員の子供たちもお揃いのTシャツ(迫田病院より提供いただきました)を着て、

田んぼの感覚を楽しみながらワイワイと開会式に整列。

ケガの無いよう”安全第一”ということで、参加者全員で準備運動(西諸弁のラジオ体操)をするが、

足が動かず上半身のみの運動となり参加者や観戦者など、みんなで笑ってました。

今年も多くの参加者と観戦者、心温かい地元のボランティアの方々で賑わっていました。

田んぼ中心にあるバレーコートでは、今年も多くのチームが熱戦を繰り広げ、泥まみれになり、

所々で試合終了の握手と共に泥への引っ張り合いもあり

              

楽しく参加者同士で交流を深めていました。

チーム「KOWAKAI」は、去年からの悔しさを胸に、目標としてきた「1セット勝利」を目指し、頑張りました。

予選は2試合4セット。結果は、予選通過ならず。。。
なぜなら…全敗(1セット勝利もならず…)だったので。。。

なぜだろう…ボールを追い、飛んで、跳ねて、時には泥の中を走り…泥にまみれ、泥を食べ…しかし、ボールが滑るし、手が届かない…

心新たに来年も1セット勝利を目標に頑張ります。

今年は、田んぼフラッグにもチャレンジし、、、なんと予選通過!商品は”焼酎”でした!さすが高崎の祭りです!!

今年も良い結果を残せませんでしたが、耕和会の仲間と楽しく泥まみれになり素晴らしい経験が出来ました。