迫田病院ブログ 正しい手洗い・うがいの方法

【2020年04月08日】

国内外で新型コロナウイルス感染症の流行拡大が続いています。
今回は、感染対策の基本である、「正しい手洗い・うがいの方法」をご紹介します。

 

手洗い手順(泡せっけん液)

(1)まず手指を 流水でぬらす
(2)泡せっけん液を適量 手の平に取り出す
(3)手の平と手の平を 擦り合わせよく泡立てる
(4)手の甲を もう片方の手の平で もみ洗う(両手)
(5)指を組んで 両手の指の間を もみ洗う
(6)親指を もう片方の手で包み もみ洗う(両手)
(7)指先を もう片方の手の平で もみ洗う(両手)
(8)両手首まで ていねいに もみ洗う
(9)流水でよくすすぐ
(10)ペーパータオルでよく水気を拭き取る

手洗い手順

出典元:SARAYA せいけつ手洗い

 

爪の隙間、親指、指の間、手のしわ、手首などは洗い残しが多い箇所です。
30秒以上時間をかけて、爪や手指の間、手首のすみずみまで洗うことが大切です。
30秒はハッピーバースデーの歌を2回歌うくらいの長さです。
慣れるまでは少し長く感じるかもしれませんが、この機会に正しい手洗いを習慣にしましょう。

 

 

うがいの手順

(1)水、またはうがい液を口に含み、口を閉じて強めに口の中をゆすぎ、吐き出します。(いわゆるぐちゅぐちゅぺーのうがい。食べかすなどを取るため)
(2)次は上を向いて、水、またはうがい液がのどの奥まで届くように15秒程度うがいします。
(3)二回目と同様に上を向き、15秒程度うがいします。
※しっかり上を向いてうがいすることがポイントです。

うがい手洗いイラスト

マスクやアルコール消毒液が手に入りにくい状況が続いています。
正しい手洗い・うがいをしっかりと行い、感染予防を心がけましょう。