社会医療法人 耕和会 迫田病院

迫田病院ブログ 規則正しい生活で心と体を健康に!

【2020年04月27日】

コロナウイルスの感染拡大を受け、不要不急の外出を控えている方も多いと思います。
ずっと家にこもっていると生活のリズムが乱れがちです。
生活のリズムが乱れると体内のリズムまで乱れてしまい、心身の健康にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。
規則正しい生活を心がけ、心と体を健康に保ちましょう。

 

バランスの良い食事

一汁三菜が理想ではありますが、毎日何品も作るのは大変ですよね。
一品でも栄養バランスの整ったレシピはたくさんあります。
レシピサイトなどで検索すれば様々なレシピが出てきます。無理をせず、少しの工夫でバランスの良い食事を心がけましょう。

十分な睡眠をとる

夕食と入浴は寝る2、3時間前には済ませ、寝る前にはスマホやパソコンを見ないようにしましょう。
スマホやパソコンのブルーライトは睡眠を妨げるといわれています。
朝は決まった時間に起き、カーテンを開けて日の光を浴びましょう。
朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、リズムを整えてくれます。

 

体を温める

運動や入浴をして、体を温めましょう。体を温めることで代謝があがり、血行がよくなります。
血行が悪いと、酸素や栄養が全身に行き届かない上、老廃物が蓄積され、肩こりやむくみ、冷え、自律神経の乱れなど様々な体の不調が引き起こされます。

適度な運動

まずは1日10分程度でもよいので体を動かしましょう。
体操やストレッチ、階段の上り下り、お部屋の拭き掃除などちょっとしたことで構いません。日々の習慣にすることが大切です。

よく笑いましょう

未知の感染症の拡大で、不安な日々を過ごしている方が多いと思います。
こんな時に笑いなんて…と思うかもしれませんが、笑うことは健康に良いといわれています。
脳が活性化されたり、自律神経のバランスを整えてくれたりします。なにより、気分が明るくなりますよね。

 

 

体内リズムを整えると、朝すっきりと目覚め、朝から活動的に過ごすことができ、仕事や家事がはかどります。自分の時間を楽しむ余裕も生まれ、ストレス解消につながります。
一方、体内リズムが乱れていると、朝すっきりおきられず、体がつらく、仕事や家事がはかどらず、やることがたまり眠れない…という悪循環に陥ってしまいます。

 

体内リズムが整うことで、心だけでなく、若々しい見た目や太りにくい体質にもつながると言われています。
この機会に普段の生活を見直してみてはいかがでしょうか。