病院概要

臨床検査課

外来と同じフロアにあり、患者さんとの距離が近く『検体の向こうに患者さんの顔が見える』という特徴があります。

この大きな利点を十分に生かし、検体には人格がある事を認識しながら業務を遂行しています。

臨床検査は、
・検体検査:身体から採取された、血液、尿、便などを調べる検査
・生理機能検査:身体を直接調べる検査(心電図、肺機能、無呼吸検査等)
に大別されます。

当院ではこれらの臨床検査を、緊急検査に対応する院内検査と、多種の検査に対応できる外部委託検査にて実施しています。

 

主な院内検査

生理機能検査
心電図検査 / 24時間ホルター心電図検査 / R-Rインターバル / 血圧脈波(CAVI・ABI測定)検査 / 肺機能検査 /  眼底カメラ /  24時間血圧測定検査 / CO測定 / 内臓脂肪測定 / 簡易型睡眠時無呼吸検査(SAS) / 睡眠時無呼吸検査(PSG) /超音波検査 (甲状腺、腹部、心臓、頸動脈、下肢血管など)
生化学検査
蛋白 / アルブミン 総ビリルビン / AST ALT / ALP / LDH / γーGTP / CPK / アミラーゼ / HDLコレステロール / LDLコレステロール / 中性脂肪 / 尿酸 / 尿素窒素(BUN) / クレアチニン / Na / K / Cl / 血糖 / ヘモグロビンA1C / 血液ガス分析 / アンモニア / H-FABP / CRP / プロカルシトニン/ トロポニンT 
血液学検査
白血球数 / 赤血球数 / ヘモグロビン / ヘマトクリット / 血小板数 / 血液像等
検体検査・その他の検査
尿定性検査 / 尿沈渣分類 / 糞便検査(潜血) / 妊娠反応検査 / レジオネラ / マイコプラズマ / 尿中肺炎球莢膜抗原検査 / 鼻汁好酸球検査 / 真菌検査 / インフルエンザ / 溶連菌 / 便CD/ 新型コロナ抗原/ 新型コロナ遺伝子検査(NEAR)
輸血検査
血液型検査(ABO式、Rh式) / 交差適合試験 / 不規則抗体スクリーニング検査
外部精度管理参加 日本臨床検査技師会 / 宮崎県医師会 宮崎県技師会 その他メーカー
外部精度管理とは

臨床検査を行なう検査施設においては、測定値が正しい結果になるように患者から検体を採取した時から検体の取扱いに様々な管理条件を設定し、測定機器のメンテナンスや測定手法の研鑽を行っています。このような測定結果が正しいものとなるように管理することを精度管理といいます。臨床検査を受ける患者にとって、どの医療機関で検査しても同じ検査結果が得られることが理想です。しかし検査施設で使われている機器類や分析のための試薬など、検査業務を行なうための環境や条件が必ずしも一定でないことから、同一の検査項目ごとに多少の差異があることは否めません。この問題を是正するという意味合いがあります。

 

<脈波(CAVI・ ABI測定)>

四肢の血圧を同時に測定し、動脈硬化を客観的に評価することが出来る検査です。
高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙など動脈硬化の危険因子を多く有する方は検査をお勧めします。

<呼気一酸化炭素濃度(CO)測定>

喫煙によるCOの体内への取り込み状況と呼気中のCO濃度を定量的に測定する検査です。禁煙外来受診時に検査します。

<内臓脂肪測定>

安全・簡便に内臓脂肪の面積を算定する検査です。短時間で、被曝のリスクが全くない安全な検査です。

内臓脂肪測定

<簡易型睡眠時無呼吸検査(SAS)/睡眠時無呼吸検査(PSG)>

※要予約

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、まずは簡易型の睡眠時無呼吸検査(SAS)(測定機器を自宅に持ち帰り検査)を実施します。この結果がある程度以上ならば、すぐに治療にかかります。グレーゾーンの場合は、睡眠時無呼吸精密検査1泊入院(夕方来院→検査:測定機器装着して睡眠→翌朝帰宅)してさらに詳細な検査を行って診断します。