病院概要

看護部

看護部の内観写真
看護部の理念(精神)

多職種と協働で地域の人々の健康を支え、いきいきと働く。

社会医療法人耕和会 迫田病院は、宮崎市の中央を流れる大淀川を眼下に臨む、102床の一般病院です。地域に信頼される病院として「治す治療」を充実させ、住み慣れた地域の中で安心して暮らしていただけるよう「支える医療」へと活動を展開してまいりました。近年は、専門領域に特化した看護学習と実践を重ねながら、多職種と協働した医療活動への取り組みを強化しています。また、看護職が看護の魅力を実感できる職場でありたいと考え、職場環境を改善するための取り組みを実施しています。

看護実践の特徴と強み

  • ・継続看護の実践~在宅ケア支援~
  • ・老年期看護の実践
  • ・多職種と協働のチーム医療における専門的看護の実践
  • ・退院調整看護師の養成

医療看護の質向上のために当院で取り組んでいること

(1)人材育成の目標に応じた教育システムの実施、学び続けられる環境づくり

(2)専門職として働きがいのある環境づくり

(3)ワーク・ライフ・バランス(WLB)の推進

(取り組み例)1カ月目~通勤に慣れる~

       2か月目~人に慣れる~

       3カ月目~仕事に慣れる~ をモットーに「人」を大切に育てていくための試みを実施。

  • ・子育て支援:敷地内に保育園あり
  • ・多様な勤務形態を導入 etc.

安全で安心な質の高い医療・看護サービスを提供できるよう、組織全体で人材の育成・活用・定着を図るための取り組みを実施しています。