迫田病院ブログ 【栄養課】 「2019 お正月料理」

【2019年01月08日】

新年 明けましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願い致します。

                                                                

今年も元旦からの3日間、華やかなお正月料理が仕上がりました。

 

普通食の方はもちろん、経口摂取が難しいソフトゼリー食の患者さまにもお正月気分を味わって頂くために、お正月料理一品一品を重箱に詰めて提供しました。

 

おせち料理は手間がかかる料理が多く、この3日間は品数も増えますが、

入院患者さまそれぞれの食種・食事形態別に食事は作られていきます。

          

今年、ソフトゼリー食提供の患者さまご家族より「まさかおせち料理が食べられるとは思わなかった…。本当に嬉しいです、ありがとうございます。」とのお言葉を頂戴しました。

徐々に食べる意欲が減り、経口からのお食事が難しくなってきたため、胃瘻造設を選択されたご家族のお見舞いに来られた方からの言葉でした。

 

クリスマス行事食からお正月行事食と1年で最も慌ただしいこの時期、その上「人手不足」という大ピンチの最中に頂いたご家族からのフレーズ…。

「そうそう、私たちの役割はこれなんだ…。」と改めて気付かされました。

 

今年も患者さまへ「食」を通した力添えができるよう職員一同で努めて参ります。

本年がみなさまにとって心豊かな一年になりますように…。

 

3日間のお正月料理は下記をクリックしてご覧ください。

   元旦

   2日目

   3日目